育毛剤を使うときには自分に合ったものを選ぶことが大切です。生活習慣や体質によって効果が得られるかどうかにも大きな違いが生じるからこそ多数の商品が流通しています。成分から考えて自分に合ったものを選べるようにしましょう。

育毛剤の有効成分の主な種類

育毛剤が髪の毛を伸ばすのに役立つのはいくつかの有効成分が配合されているからです。大抵の育毛剤は有効成分が一つや二つではなく、多数のものを組み合わせています。どの種類の成分が含まれているかを確認して使ってみるのは重要な点であり、効果が感じられなかったら他の種類の成分を含んでいるものを選ぶことで効果を期待できるようになるでしょう。主なものは血行の促進、新陳代謝の促進、栄養補給、頭皮の清浄化、アレルギー予防、感染予防の六種類です。それぞれの作用はさらに細かく分類することができるため、成分によって作用が異なると理解しても良いでしょう。しかし、まずはこの大枠で考えてどの効果があれば育毛効果を感じられるかを調べるのが効果的です。

症状から考えて選ぶ育毛剤の成分

髪が薄くなってしまったというときにも症状に違いがあります。それに合わせて育毛剤の成分を選ぶのも重要でしょう。髪が単純に伸びないというのではなく、細くて切れやすくなってしまっているというときには栄養不足が原因になっていることが多いのが特徴です。栄養補給が重要になりますが、それと合わせて血行の促進も行うと身体の中からの栄養補給と老廃物の除去が進んでより改善を期待できます。それでも良くならないというときにはそもそも新陳代謝が低下しているのが原因だと考えて成分を選ぶのが次の考え方です。一方、一部分だけ著しく髪が伸びないというときや、痒みやにおいが気になっているという場合には感染やアレルギーの影響があると考えるのが適切です。

効果がなかったときの対策

症状と成分をよく吟味しても育毛効果が得られないというときもあります。そのときの対策として効果は同じ分類になっていても成分の種類が違う育毛剤を使うというのが選択肢の一つです。成分が違うと作用の仕方にも差異があるので効果を発揮してくれる可能性があります。もう一つは諦めずにもう少し長く使用してみるという方法です。大抵の育毛剤の効果は一本を使い切る頃に出始めるほどにゆっくりとしています。体質によってさらに時間がかかる可能性もあるので、期待が高い育毛剤があるのなら二本目までは使い切ってみるのが賢明です。それでもなお効果がなかったときには育毛剤だけでは対策できない要因があるかもしれないので病院に相談に行くのが安全策でしょう。