一般的に育毛剤には、女性用と男性用がありますね。夫婦で一緒の製品を使えたら、結構便利だったりするのですが、はたして女性が男性用のものを使ってみても大丈夫なのでしょうか。そもそも女性用と男性用は、どこに違いがあるのでしょうか。

抜け毛の原因は男女で違う!

薄毛・抜け毛といっても、男性と女性では症状が異なります。男性でよく見かけるのは、額の生え際が後退したり、頭のテッペンが薄くなるタイプですね。それに対して女性の場合は、頭全体が薄くなっていきます。症状が違うのは言ってみれば当たり前のこと。原因が違うのです。具体的に言えば、男性は男性モルモン、女性は女性ホルモンの影響が一番大きいと考えられています。最近では男女兼用の育毛剤も発売されていますが、男女で原因が異なる以上、男性用に求められる成分と、女性用に求められる成分は同じではない。その点だけは、きちんと理解しておくことが大切です。また、若い女性に関して言えば、貧血を原因とした栄養不良による抜け毛があります。

配合されている成分の特徴は?

男性型の抜け毛の場合は、男性ホルモンの働きが強すぎることによって起こります。男の方の場合、フケの多さや頭の痒みを訴える人が多いのですが、それは男性ホルモンの影響によって多量の皮脂が分泌されているからです。男性用の育毛剤に、男性ホルモンの働きを抑制する成分のほか、皮脂分解成分や抗菌成分が豊富に含まれているのはそのためです。
その点、女性の場合は、女性ホルモンの減少が一番の原因です。女性ホルモンにはいろんな働きがありますが、毛髪の寿命を延ばすというのも、実はその働きの一つだからです。ホルモンバランスが崩れた時、あるいは閉経後の女性が薄毛に悩まされる理由はそこにあります。女性用の育毛剤には、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが配合されていますが、それにはちゃんとした理由があったわけですね。

貧血による抜け毛にも注意

さらに女性用の育毛剤には、栄養成分や保湿成分が豊富に配合されています。一つには、傷んだ髪の女性が多いということがありますが(ヘアカラーやパーマの影響)、もう一つには、貧血による抜け毛対策という理由があります。実は貧血になると抜け毛が多くなるだけでなく、頭皮も乾燥しやすくなり、フケも出やすくなることが分かっています。原因はもちろん、鉄分の不足です。毛髪や頭皮の中にあるタンパク質ケラチンを作るための鉄分が不足しているのです。反対から言えば、栄養補給等によって皮膚の状態などが改善していくと、それに伴って抜け毛も減り、毛髪の状態なども元通りになります。最後に、更年期以降の女性に関して言えば、血行不良による抜け毛が多いという特徴が見られます。その意味で、育毛剤の選択に際しては、血行促進成分が含まれているかどうかにも注意して欲しいものです。

蘭夢は薄毛以外に、フケやかゆみの改善にも効果が期待できます! 朝と夜の一日2回の使用がおすすめ! 10年の歳月をかけて育毛剤「蘭夢」に使用される蘭を育てています。 蘭夢100mlで、約一ヶ月使用できます。 抜け毛予防なら蘭夢をご利用ください。 2014年に今までの蘭夢の効果を大きく超える「蘭夢黄金率」を発売しました。 育毛剤蘭夢の有効成分「ニコチン酸アミド」は、髪を作る毛母細胞を活発にします! 健康な髪へ導く薬用育毛剤といえば【蘭夢】